« KOBAHIROからの写メ。 | トップページ | 旧薬種商、既存配置販売業について、経過措置をさらに3年間延長 »

2012年2月22日 (水)

日本製薬団体連合会が作成した「生薬及び漢方生薬製剤の製造管理及び品質管理に関する基準」

厚生労働省は、 欧州等38カ国による「医薬品査察協定及び医薬品査察協同スキーム」(PIC/S)加盟を目指しているようです?

日本製薬団体連合会が作成した「生薬及 び漢方生薬製剤の製造管理及び品質管理に関する基準」を、医薬食品局監視指導・麻薬対策課による16日付の事務連絡で都道府県衛生主管部(局)に示したそうです。

漢方・生薬製剤の製造には原則としてGMPを適用。

これまでは、日本漢方生薬製造協会の自主基準に基いて品質確保を図ってきました。

ところが、生薬の粉末化や刻み工程だけを行う製造所はGMPの適用外となっています。

今後もGMP省令上は適用・不適用の取り扱いは変わらない。

PIC/SのGMPガイドラインとの整合を図る。

日薬連が従来の日漢協基準を改訂する。

生薬の粉末化・刻み工程のみの製造業も対象に取り込んだ新たな基準をまとめる。

医薬品製造業全体に周知すること。

監麻課は、「生薬を粉末にし、又は刻む工程及びそれ以降の業務について、日薬連自主基準を適用することは、生薬及び漢方生薬製剤の品質確保を図る上で適当」とし、全ての製薬企業への周知を都道府県に要請した。

|

« KOBAHIROからの写メ。 | トップページ | 旧薬種商、既存配置販売業について、経過措置をさらに3年間延長 »

漢方薬と健康食品やサプリメントを取り巻くその辺りのゆ~るいお話。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本製薬団体連合会が作成した「生薬及び漢方生薬製剤の製造管理及び品質管理に関する基準」:

« KOBAHIROからの写メ。 | トップページ | 旧薬種商、既存配置販売業について、経過措置をさらに3年間延長 »