« K商事 村尾君、コメントありがとう! | トップページ | 今日の空(2010.07.12/12:25/神谷町) photo by Akiyoshi Nishihara »

2010年7月11日 (日)

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

本来、法律の関係で無理なのですが、原石のままで輸入が出来るのは国内ではここだけです。

本来は、国からの許可が出ないそうです。

そんなお店の・・・? 

僕は、ひょんな事から会員になれました。

婚約指輪や諸々購入を予定している方は、僕にご一報下さい。

会員制のお店なのですが、僕に連絡をしていただければ見学は出来ます。

購入も出来ますが、まずは見学から(笑)

僕も頑張って、うちの奥さんに買えるように頑張ります。

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

写メだとキラキラ反射して上手く撮れないのですが、向かって右に写っているのは、販売価格が1億円です。

隣にあるのが、超有名百貨店によくあるレベルの高級品です。

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

上手く撮れないので、直接御覧になられる事をお薦め致します。

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

お話の間に、僕の結婚指輪を新品みたいに磨いて戴きました。

5000円で出来ます。

指輪のサイズ直しも、お受けするそうです。

とても良心的な価格です。

安心しました(笑)

基本的には、オーダーメードの店です。

一点ものを、ご希望の方には魅力的なお店です。

それで、僕の運気が上がるようにとプレゼントを戴きました。

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

手首にはめるとこんな感じ。

じゃ~ん!

銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。

コーヒーも高級なお茶菓子も戴きました。

だから、失業中の僕には買えないので、どなたか僕の顔を立てるつもりで購入を考えて下さい。

|

« K商事 村尾君、コメントありがとう! | トップページ | 今日の空(2010.07.12/12:25/神谷町) photo by Akiyoshi Nishihara »

●Encounter / 巡り逢えたよ!」カテゴリの記事

コメント


うほぉぉぉぉぉぉ!!なんじゃコリャァァァァ!!!!!

工口いお姉さんにめちゃめちゃイかされてぇぇぇぇっ!!!

10万もらったぁぁぁぁぁぁぁ━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!!!

http://issaxvv.tida.psyrents.net/

投稿: ゴゴゴゴゴ・・・!! | 2010年7月12日 (月) 05:22

ヒロシ、直しを頼んだらどうだい。

奥様、お嬢様にどうぞ!

投稿: 西原スタイル / 西原昭佳 | 2010年7月11日 (日) 21:42

K-COさん、連れて行くだけ連れて行ったらなかなか入れる店じゃないけど入れるチャンスがあるからさぁ~

投稿: 西原スタイル / 西原昭佳 | 2010年7月11日 (日) 21:41

その店は全裸でヘルメットだけでも入れますか?

投稿: W〇〇シ1号2号 | 2010年7月11日 (日) 18:19

その店には全裸に黒コート一枚で入れますか?

投稿: W〇〇〇シ1号2号 | 2010年7月11日 (日) 18:17

俺は結婚指輪が曲がってしまったのだよ!

投稿: ヒロシ | 2010年7月11日 (日) 17:28

あっくん、あっくん
ここ行こうよ〜ダイヤだってさ西原さんに紹介してもおうよ〜

投稿: k-CO | 2010年7月11日 (日) 16:36

井田君、興味があったら店までには入れて戴けるからね。連絡をちょうだいよ。
アロハにビーサンだけは勘弁してくれよ。

投稿: 西原スタイル / 西原昭佳 | 2010年7月11日 (日) 15:16

店の出入りの度にロックがかかる。
すげー人達が世の中にいるんだね。
ダイヤにも、励ましてもらった感じがするよ。
そのうちに出会うんじゃないかなぁ~ 僕の石にも。

投稿: 西原スタイル / 西原昭佳 | 2010年7月11日 (日) 15:14

すごいな~

投稿: 井田 | 2010年7月11日 (日) 14:48

ユ○タ? ナ○シ、このあたりだなぁ~

25万円ぐらいのもあったけど。

予算を言えばなんとかしてくれるだろう。

投稿: 西原スタイル / 西原昭佳 | 2010年7月11日 (日) 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のダイヤモンド屋さんの会員になれました。:

« K商事 村尾君、コメントありがとう! | トップページ | 今日の空(2010.07.12/12:25/神谷町) photo by Akiyoshi Nishihara »